くらし情報『ママ活が成立する“性秩序なき”時代背景…だと!?』

2018年11月30日 23:31

ママ活が成立する“性秩序なき”時代背景…だと!?

目次

・「ママ活」で年上女性が年下男性を経済的に応援するという図式は成立するか?
・ママ活の特徴であり真髄は、「圧倒的な精神年齢差」
・女性用風俗(めいた)サービスが(利用者にそれと意識させずに)成立するわけ
ママ活が成立する“性秩序なき”時代背景…だと!?

2018年になっても、私たちをとりまく環境は何かと騒がしい——。それは、私たちが常に今を生きていて「これまで」と「これから」の間で葛藤を繰り返しているからなのかもしれません。

その葛藤や分岐点とどう向き合うべきか。エッセイストの河崎環さんに考察していただく連載「5分でわかる女子的社会論・私たちは、変わろうとしている」。

第2回は、女性に経済的援助を求める「ママ活」ついて考えます。

「ママ活」で年上女性が年下男性を経済的に応援するという図式は成立するか?

パパ活における男女の組み合わせは、多くの場合男性が女性より10〜20歳ほど年上である。
パパ活を成立させている最大の要因は男女間の経済格差だが、男女間の精神年齢の格差(圧倒的な女性優位)も、パパ活を成立させる上で外せない条件になっていると言える。そう考えると、同世代間のパパ活は、経済的にも精神的にもなかなか成立しないのかもしれない。
——「パパ活の社会学〜援助交際、愛人契約と何が違う?」(光文社新書/坂爪真吾)

福岡の男子高校生がツイッターに「ママ活」相手を募集する投稿をして補導されたとのニュースが報道されたとき、まさにそんな「ママ活」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.