くらし情報『「病気になってよかったとは思えなかった」ずっと怒っていた私が怒りを自覚するまで』

2018年12月5日 20:45

「病気になってよかったとは思えなかった」ずっと怒っていた私が怒りを自覚するまで

目次

・友達に「すごい怒ってたよね」と言われて
・周囲にもっと悲しがってほしいと願っていた
・世の中には前向きさが求められがちだけど…
「病気になってよかったとは思えなかった」ずっと怒っていた私が怒りを自覚するまで

32歳という年齢で初期乳がんが見つかった水谷緑さん。検査から治療まで一連の出来事についてエッセイとして描いた作品『32歳で初期乳がん全然受け入れてません』(竹書房)には、独身で妊娠出産もしていないのにどうしたらいいのだろうと葛藤する正直な心情が表れていました。

突然、理由もなく、命や今後の人生が脅かされる、ガンという理不尽な存在。そんな出来事に対して、水谷さんはどのように感じたのでしょうか。

【第1回】告知された時の思い

友達に「すごい怒ってたよね」と言われて

——今回の作品のタイトルがまた面白いなと思っていて。「受け入れてません」って、作者が怒った表情で表紙の中で立っている。

水谷緑さん(以下、水谷):最初は違うタイトルで連載していたんです。「32歳、初期乳がんになってわかったこと」というぼんやりしたタイトルだったので、編集の人とも考え直さないと、とは言っていたんです。そんな中、この本が出たのが7月なんですが、5月頃友人とお茶をしていたら「緑ちゃんすごい怒ってたよね」と言われて。それで、「あ、私、怒ってたんだ」って気づいたんです。

——自分では怒っていないと思っていた?

水谷:あまり自覚はしていなかったし、どちらかというとうまく隠せていると思っていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.