くらし情報『読者の声は“宝の山” 書店販売ナシで実売22万部『ハルメク』の強み』

2018年12月11日 20:45

読者の声は“宝の山” 書店販売ナシで実売22万部『ハルメク』の強み

目次

・「シニアの悩みや要望にきちんと応える」雑誌
・読者の声やデータは“宝の山”
読者の声は“宝の山”  書店販売ナシで実売22万部『ハルメク』の強み

シニア女性向けの雑誌『ハルメク』をご存知でしょうか?

1996年に『いきいき』として創刊され、2016年に『ハルメク』と名称を変更した50代以上の女性をターゲットとした女性誌です。

「そういえば実家にあった気がする」「母親が読んでいる」と思い当たる人もいるのでは?

『ハルメク』は、書店には売っておらず自宅に配送される定期購読のみで22万部*を売り上げ、雑誌以外の通信販売や旅行、イベント、店舗などのサービスを展開してシニア女性の暮らしを丸ごとサポートしています。
*2018年11月号

編集長を務めるのは、山岡朝子(やまおか・あさこ)さん(44)。新卒で「主婦と生活社」に入社し、雑誌の編集長を歴任。2017年7月に株式会社ハルメクに入社し、8月に同誌の編集長に就任しました。

約1年半で実売部数を約1.5倍に引き上げた山岡編集長に話を聞きます。2回目は、『ハルメク』の強みについて伺いました。

【前回】山岡さんが『ハルメク』編集長として期待されたこと

「シニアの悩みや要望にきちんと応える」雑誌

——前回は、「雑誌を立て直すためには、本来その雑誌が読者から求められることにきちんと応えることが大事」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.