くらし情報『仕事を1日6時間にしたのは「家族と夕飯を食べるため」ある書店の店主の働き方』

2018年12月14日 20:45

仕事を1日6時間にしたのは「家族と夕飯を食べるため」ある書店の店主の働き方

目次

・仕事を1日6時間に抑えた理由
・成長の鍵は「周囲の力を借りる」「ルーティンを回す」
仕事を1日6時間にしたのは「家族と夕飯を食べるため」ある書店の店主の働き方

「一家の大黒柱」と聞いて多くの人がとっさにイメージするのは男性です。しかし今、そんな世間一般の考え方にとらわれず、柔軟に互いのキャリアをサポートしつつ、子育てをしている夫婦もいます。銀座線田原町駅から徒歩2分の場所にある新刊書店「Readin’ Writin’ BOOKSTORE(リーディンライティンブックストア)」の店主、落合博さんもそのひとり。

落合さんは55歳で子どもが生まれたのをきっかけに将来を考え、新聞社を早期退職しました。主収入を稼ぐ“一家の大黒柱”の役割を看護師のパートナーに替わってもらい、58歳で書店を開業。家事・育児・仕事のルーティンを回しながら長く働き続ける方法を探っています。

「イクメンという言葉はあるけど、イクウィメンという言葉はない」と話す落合さん。性別によって色付けされたステレオタイプを超えて、夫婦でどのように家事を分担しているのか詳しく聞きました。

第1回:僕には“変”って褒め言葉なんです

仕事を1日6時間に抑えた理由

——落合さんの現在の1日のスケジュールを教えてください。

落合博さん(以下、落合):日によって時間が多少ずれますが、看護師の妻が「日勤」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.