くらし情報『忘年会や飲み会で選びたい! 太りにくい鍋料理【糖尿病専門医に聞く】』

2018年12月20日 15:45

忘年会や飲み会で選びたい! 太りにくい鍋料理【糖尿病専門医に聞く】

目次

・すき焼き、シメの麺やごはんでカロリー急増
・みそ鍋、カレー鍋、担々鍋は高カロリー
・鍋料理別、カロリーの目安
・野菜と魚は低カロリー、イモ類と肉類は高カロリー
忘年会や飲み会で選びたい! 太りにくい鍋料理【糖尿病専門医に聞く】

年末年始の飲み会、歓送迎会、温まりたいときの自炊にと、鍋料理を食べる機会が増えてきました。鍋と言えばヘルシーでカロリーが低いイメージです。

糖尿病専門医で臨床内科専門医でもある福田正博医師によると、「実は鍋料理でも、種類や具材によってカロリーは大きく異なり、太りやすい具材や種類は多いのです。ヘルシーそうだからとなんでも入れてがつがつ食べていると、翌日には体重がかなり増えることになります」ということです。

『糖尿病は自分で治す!』(集英社)など複数の著書で「腹やせのための食べ方」を提案する福田医師に、詳しいお話を聞いてみました。

糖尿病専門医の福田正博先生

すき焼き、シメの麺やごはんでカロリー急増

はじめに福田医師は、「鍋料理は油を使わずに調理することが多いので、揚げ物や炒め物に比べて低カロリーだと勘違いしやすいと言えます。それゆれに油断して、濃い味付けや高カロリーの食材だと気づかないで食べすぎることになりがちです」と話し、太りやすい鍋料理とその食べ方について、2つのポイントを挙げます。

「まず、『すき焼きは高カロリー』であること、次に、『どんな鍋でも、シメにラーメン、うどん、ごはん、おもちをおかわりすると摂取カロリー急増する』ことを覚えておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.