くらし情報『女性の心の機微に寄り添っていきたい…『ハルメク』編集長が目指すもの』

2018年12月25日 21:45

女性の心の機微に寄り添っていきたい…『ハルメク』編集長が目指すもの

と読者のかゆいところがわかった。11月号の第3弾では、第2弾をもとにさらにPDCAを回して、売上げ記録を更新しています。

——「第2弾がヒットしてよかったね」で終わりではないんですね。

山岡:シニア世代のスマホに対するマインドは日々変化しています。PDCAを回す過程で、変化に気付き、すくいとり、前回を超える新作を作っていく。

実は、取り上げる内容だけでなく、キャッチコピーの語感など細かい部分も少しずつ変えています。

そうやってコンテンツを育てていけるのも、当社がデータ収集と分析に優れているからでしょうね。またPDCAを回して第4弾を作ると思います。

女性の心の機微に寄り添っていきたい

——山岡さんの今後の展望を教えてください。

山岡:部数は確かにすごく伸びたのですが、そうは言っても、シニアの方の人口を考えたら少ないほうです。まだ伸びしろがあると思って、もっと多くの方に読んでいただけるように頑張りたいですね。

もう一つは、当社の強みである、情報とモノ、情報とコトの連動を、さらに広げていきたいです。例えば「グレイヘア」という言葉が、今年の「新語・流行語大賞」にノミネートされました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.