くらし情報『お酒と揚げものセットはNG。二日酔い対策9つ【臨床内科専門医が教える】』

2018年12月27日 20:45

お酒と揚げものセットはNG。二日酔い対策9つ【臨床内科専門医が教える】

お酒と揚げものセットはNG。二日酔い対策9つ【臨床内科専門医が教える】

年末年始になり、忘年会や新年会、はたまた春の歓送迎会まで飲み会が続きます。たびたび二日酔いで頭が痛い、吐き気で胸が悪い、胃が痛い、頭も体もだるいなどとなり、特にウイークデーの朝はつらいものです。そこで臨床内科専門医で消化器内視鏡専門医、漢方専門医でもある吉田裕彦医師に、「二日酔いを予防する方法」を聞いてみました。

アルコールの摂取量を抑える、分解能力を高める、胃の粘膜を守る

——まず、どうして二日酔いになるのでしょうか。

吉田医師:それはもう、飲みすぎです。自分にとって飲みすぎとはどのラインかと言うと、体内でアルコールが分解される能力以上に飲んだときに起こります。

アルコールは体内に入ると肝臓で分解されますが、その能力次第で分解しきれなかった場合、毒性が強いアセトアルデヒドという物質が血中をめぐります。このアセトアルデヒドが、吐き気や頭痛など二日酔いの症状をまねくのです。

また、アルコールには利尿作用があるので、飲みすぎた翌朝は脱水状態になりやすく、頭痛やめまいなどの症状を引き起こします。さらに、胃の粘膜を荒らすため、胃痛や胸焼け、吐き気などの不快な症状をまねきます。

——飲みすぎないよう心がけますが、つい飲みすぎることもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.