くらし情報『お酒と揚げものセットはNG。二日酔い対策9つ【臨床内科専門医が教える】』

2018年12月27日 20:45

お酒と揚げものセットはNG。二日酔い対策9つ【臨床内科専門医が教える】

悪酔いしないためにも、水を飲む習慣をつけましょう。

(3)複数の種類のお酒を飲まない

いわゆる「ちゃんぽんをしない」ということです。ちゃんぽんをすると、味が変わって飲みやすくなり、飲んだ量がわからなくなって無意識のうちに飲む量が増え、二日酔いにつながります。参考まで、ちゃんぽんという行為が二日酔いをまねくのではなく、あくまで飲む量が増えるからだということを覚えておきましょう。

(4)アルコール度数の低いお酒から飲む

アルコール度数の高いお酒から飲むと、胃腸や肝臓に負担がかかるだけでなく、血液中のアルコール濃度が急激に高まって酔いやすくなります。ビールやサワーのようなアルコール度数が低めのお酒から飲み始めましょう。日本酒やワイン、焼酎、ウイスキーなどに替えるときは、飲むペースを落としてゆっくりと楽しみましょう。

また、水割りやお湯割りにしてアルコール濃度を薄めて飲む方が、二日酔い予防になります。ただし、ソーダ割りの場合、炭酸ガスは胃液の分泌を促進して胃の内壁にダメージを与えることがあるので、飲みすぎに気をつけましょう。

(5)チーズ、大豆製品、魚類、肉類などタンパク質のおかずを食べる

肝臓の細胞の再生を促進し、アルコールを分解するためには、タンパク質が欠かせません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.