くらし情報『乳がんになったからと諦めてたまるか…! 女社長がおっぱいを作り直したい本当の理由』

2018年12月28日 15:01

乳がんになったからと諦めてたまるか…! 女社長がおっぱいを作り直したい本当の理由

目次

・女社長、診察室でプレゼンする
・女社長、「おっぱい作り直しプロジェクト」が始動する
乳がんになったからと諦めてたまるか…! 女社長がおっぱいを作り直したい本当の理由

女社長、診察室でプレゼンする

2018年9月4日

今日は初受診日だった。前回書いた通り、

「自身の脂肪でおっぱいを作り直したい!」と息巻いて、

セルポートクリニックの辻直子先生に直接連絡して今日に至る。

事前に先生から「私の脂肪量」を心配されたが、外からは見えない隠れ資産(脂肪)に自信があった私は、期待に貧乳を膨らませて馬車道駅に降り立ったのだった。

高級感のある、落ち着いた作りのクリニックには、これまたコンシェルジュのような受付の女性達がいて、普段通っている総合病院との落差が著しい。

それもそのはず。ここには、乳がん手術後のQOLを、自分の体を、女としての人生をより良くしたいと最新医療にBETする女性達が集まるのだ。

「乳がんになったからと言って諸々諦めてたまるか!」

そんな女達の気概を受け止めるにふさわしいインテリアだなぁ……とリラックスしていたらあっという間に名前を呼ばれた。予約時間ぴったりに受診できるのも、普段「激混み乳腺外来」に通っている身からすると信じられない“好待遇”だ。

いよいよ診察室に入り、久しぶりにお会いした先生に私の仮説(肩凝りも肩が上がらなくなったのも、左右差が激しいから?)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.