くらし情報『朝起きるのがつらい…ベッドでできるスッキリ目覚めツボ押しヨガ【鍼灸師が教える】』

2018年12月30日 20:45

朝起きるのがつらい…ベッドでできるスッキリ目覚めツボ押しヨガ【鍼灸師が教える】

その後、元の四つんばいの姿勢に戻ります。けんこう骨を刺激し、肩と背中のコリの改善に働きます。

(2)ツボ「極泉(きょくせん)」刺激&「針の糸通しのポーズ」

「極泉」のツボはわきの中心にあり、「極」には高いところや最終、「泉」には湧き出るという意味合いがあります。「気」や「血(けつ)」が湧き出るツボとして知られています。刺激をすると、背中や胸の筋肉のストレッチに、また、ストレスや不安感を緩和するように作用します。

ヨガの「針の糸通しのポーズ」は、全身の血流を促します。腰や背中、肩のコリを改善し、内臓の活動のアップが期待できます。

<ツボ「極泉」の位置>

わきの真ん中、くぼみの中心部。左右にあります。

①四つんばいになり、左の肩と腕を右の胸の下にくぐらせて、右の方向に伸ばします。左のこめかみを床につけましょう。右の腕は、頭の上に置くようにしてまっすぐと伸ばし、手のひらは天井に向けます。

②左の肘(ひじ)を曲げ、左のひとさし指となか指で、右のわきにあるツボ「極泉」を軽く刺激します。3~5秒をキープしましょう。その後、ゆっくりと元の四つんばいの姿勢に戻ります。

③反対側も同様に行いましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.