くらし情報『朝起きるのがつらい…ベッドでできるスッキリ目覚めツボ押しヨガ【鍼灸師が教える】』

2018年12月30日 20:45

朝起きるのがつらい…ベッドでできるスッキリ目覚めツボ押しヨガ【鍼灸師が教える】

(3)ツボ「太陽(たいよう)」刺激&「橋のポーズ」

ツボ「太陽」の名称は、陽気が盛んで充実しているという意味合いです。目の疲れや頭痛の改善に作用することから、「太陽が照るように」疲れがスッキリするツボとして知られています。

ヨガの「橋のポーズ」では、胸が開くように伸びるので、酸素を多めに吸うことになって全身の血流を促します。頭痛、首のコリ、腰痛、むくみ、猫背の改善が期待できます。

<ツボ「太陽」の位置>

目じりと眉の中間の位置から、外側におや指の幅1本分離れたくぼみ。左右にあります。

①床にあお向けに寝ころびましょう。両方の膝(ひざ)を約90度になるように立てて、足を骨盤の幅程度に開きます。

②両方のおや指で左右の「太陽」を軽く刺激しながら、胸から膝が一直線になるように、おしりを床から離して持ち上げます。その姿勢で、5~10秒をキープしましょう。いかがでしたでしょうか。仲川さんはさらに、起き抜けにどうしても眠くてヨガのポーズがとれない人に向けて、こうアドバイスをします。

「二度寝をしたいと思ったら、まずは手で、『百会』と『極泉』、『太陽』のツボを刺激しましょう。そうするうちに次第に目が覚めてきて、体を動かしたくなるでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.