くらし情報『「ちょうどいい」もホドホドに 安彦麻理絵から今どきの女の子たちへ』

2019年1月2日 14:45

「ちょうどいい」もホドホドに 安彦麻理絵から今どきの女の子たちへ

目次

・女の憤りは山をも動かす
・「何も釣れなかった」日々を思えば、タコでもイカでも…
・私の思う素敵ブスナイト
・「ものすごく期待」された転校生時代
・オマエらに魂を売り渡す気はねーんだよ!
・たまには男にチヤホヤされたいという煩悩
・「女、50歳になると楽になる」
・私にとっての「自由」
「ちょうどいい」もホドホドに 安彦麻理絵から今どきの女の子たちへ

「ちょうどいいブス」「女性のほうがコミュ力が高いから…」平成も終わろうとしているのに、いつまで誰かの価値観に振り回されなきゃいけないの?

ウートピでは、女性をめぐる自虐や我慢について、改めて問い直してみるキャンペーンを始めました。ちょうどいいブスをやめた人も、今まさに葛藤している人も。一緒に考えてみませんか?

今回は、漫画家の安彦麻理絵さんに寄稿していただきました。『ブ活はじめます』(宝島社)、『オンナノコウフクロン』(イースト・プレス)、『ババア★レッスン』(光文社)などでユーモアたっぷりに女性の”呪い”を解いてきた安彦さんが『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を読んで思ったこととは——?

安彦麻理絵さん/撮影:面川雄大

女の憤りは山をも動かす

最近、なにかと話題になっている、お笑い芸人・山﨑ケイさん著『ちょうどいいブスのススメ』。ドラマ化されるにあたって、このタイトルや内容に(主に女性から)批判が殺到したらしい。それで急遽、ドラマのタイトルが、当たり障りのないものに変更されるという珍事件まで起きた。女の憤りは山をも動かす、という事か。

アマゾンのレビューを見れば、「参考になった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.