くらし情報『女性も男性もそろそろ“役割”から降りたがっている?【川崎貴子×渡辺由佳里】』

2019年1月8日 21:01

女性も男性もそろそろ“役割”から降りたがっている?【川崎貴子×渡辺由佳里】

目次

・ベストセラー『パワー』が意味するもの
・世間や親の期待に応えようとしなくていい
・男性も女性も“押し付けられた役割”がしんどい?
女性も男性もそろそろ“役割”から降りたがっている?【川崎貴子×渡辺由佳里】

エッセイストで翻訳家の渡辺由佳里さんと、働く女性のキャリア支援や婚活コンサルトとして活躍中の川崎貴子さん。このほど、アメリカ在住の渡辺さんが一時帰国したことで対談が実現しました。

20、30代のウートピ世代の女性から見れば“頼れる先輩”のようなお二人。2018年に話題になったニュースから働く女性に身近な仕事や恋愛、結婚の話まで、ウートピ世代の女性に向けてたっぷりと語っていただきました。

ベストセラー『パワー』が意味するもの

川崎:初めまして。ずっと渡辺さんにお会いしたいと思っていたんです。対談ということでお会いできて嬉しいです。

渡辺:こちらこそです。私もお会いしたかったんです。

——お二人は実際に会うのは初めてなんですね。

渡辺:川崎さんとはSNSではつながっていたんですが、ようやくお会いできて嬉しいです。SNSとリアルの関係は別物だと思っている人が多いようですけれど、私の場合、SNSでつながってリアルなお友達になるというケースが結構あります。

出会いってどんな形でもいいと思うんです。電車でもいいし、カフェでもいいし、ネットでもいい。出会いがあったときに、ちゃんとつかめるかどうかが肝心なんだと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.