くらし情報『この人、もしかして違う星から来た? 結婚相手を選ぶときに覚えておいてほしいこと』

2019年1月10日 21:01

この人、もしかして違う星から来た? 結婚相手を選ぶときに覚えておいてほしいこと

目次

・一人一人は違うものだから…
・「違う星から来たと思ったほうがいい」
・一番近くにいる人ほどメンテナンスが大事
この人、もしかして違う星から来た? 結婚相手を選ぶときに覚えておいてほしいこと

エッセイストで翻訳家の渡辺由佳里さんと、働く女性のキャリア支援や婚活コンサルトとして活躍中の川崎貴子さん。このほど、アメリカ在住の渡辺さんが一時帰国したことで対談が実現しました。

20、30代のウートピ世代の女性から見れば”頼れる先輩”のようなお二人。2018年に話題になったニュースから働く女性に身近な仕事や恋愛、結婚の話まで、ウートピ世代の女性に向けてたっぷりと語っていただきました。

【1回目】女性も男性もそろそろ“役割”から降りたがっている?

(左から)渡辺由佳里さんと川崎貴子さん

一人一人は違うものだから…

——ウートピは、結婚してもしなくても自分らしく生きられればいいよね、というスタンスなのですが、新年になって「今年こそは結婚したいなあ」と思っている女性も多いと思います。結婚というとすぐに「条件」を挙げる女性も多いですが……。

渡辺:条件から入っちゃダメですね。

川崎:私は2回結婚を経験しているのですが、1回目の結婚のときの相手は同じベンチャー経営者で、お互いの“目指すもの”が似ていたんです。野心とか、考え方とか……。

おまけに、ベンチャー経営者だと両親がサラリーマンで専業主婦という組み合わせはほとんどいなくて、親も自営業や会社の社長というケースが非常に多いんですけれど、私と彼の実家はサラリーマン家庭だったので「珍しいね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.