くらし情報『めまいを緩和するセルフケア「ツボ押しヨガ」2つ【鍼灸師が教える】』

2019年1月17日 15:01

めまいを緩和するセルフケア「ツボ押しヨガ」2つ【鍼灸師が教える】

めまいを緩和するセルフケア「ツボ押しヨガ」2つ【鍼灸師が教える】

日々の気温や気圧の変化、また、多忙な仕事やのストレスなどでめまいに悩まされる女性は多いようです。そこで、鍼灸師で理学療法士、またプロトレーナーでもある仲川豊基さんに、めまいの予防や緩和に作用するツボと、そのツボを刺激しながらのヨガの方法を教えてもらいました。

頭痛、首・肩こり、冷えを改善し、めまいを緩和する

はじめに仲川さんは、めまいの原因について、
「体質や体格、生活習慣などによって多様です。何らかの病気ではない場合は、血流が滞っている、肩や首がこっている、冷え、睡眠不足、ストレス、疲労、気圧や気候の寒暖差による血圧の変動などが考えられます。セルフケアとしては、睡眠と食事を充足させて休養をとりながら、血流を促して筋肉のコリをほぐすことでしょう。そこで、これらの不調によるめまいを緩和するツボを覚えておきましょう。また、ヨガのポーズと合わせてそのツボ刺激をすると、相乗の作用が得られるでしょう」と話します。

ではさっそく、仲川さんにレクチャーしてもらいましょう。

(1)ツボ「翳風(えいふう)」刺激&「ラクダ」のポーズ

「翳風」というツボは耳の後ろにあり、「翳」には退ける、「風」は風邪をあらわし、風邪を防ぐという意味合いがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.