くらし情報『めまいを緩和するセルフケア「ツボ押しヨガ」2つ【鍼灸師が教える】』

2019年1月17日 15:01

めまいを緩和するセルフケア「ツボ押しヨガ」2つ【鍼灸師が教える】

ヨガの「ピラミッドのポーズ」は、頭を下に向けるので、脳への血流を促して頭痛や肩こりによいことで知られています。頭がスッキリとしてめまいの改善、首や肩、背中の緊張の緩和、猫背の改善に期待ができます。

<ツボ「太渓」の位置>

足の内くるぶしのもっとも高い部分とアキレス腱の間のへこんだ部分。左右にあります。手で足首を握るようにして持ち、おや指で軽く押します。

①両方の足を大きく開いて立ち、腰に両方の手を添えましょう。

②鼻から息を吐きながら、背筋を伸ばしたまま上半身を前にゆっくりと倒します。腹筋に少し力を入れ、腰から前へ折るイメージで行いましょう。

③両方の手で左右それぞれの足首をつかんで、おや指で「太渓」を刺激します。おしりを天井に伸ばすように、また頭を足の間に入れるように意識をしてポージングをとると、首や背中、ふとももの裏が気持ちよく伸びていると感じるでしょう。その状態で、自然な呼吸で10~20秒をキープします。

④ ①の姿勢に戻りますが、急に頭を上げるとくらっとすることがあるので、おなかからそっと持ち上げて、頭はゆっくりと最後に起こします。足首から手を離し、両方の手を、すね、膝、ふとももとだんだんと上にスライドしながら、おなかに力を入れて背筋を伸ばし、おなかから上げるように意識をしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.