くらし情報『ズキズキ、肩こり、めまい、冷えをともなう慢性の頭痛…タイプ別の漢方薬ケア【専門医に聞く】』

2019年1月18日 15:01

ズキズキ、肩こり、めまい、冷えをともなう慢性の頭痛…タイプ別の漢方薬ケア【専門医に聞く】

目次

・「気・血(けつ)・水(すい)」に注目する
・漢方薬は心身の全体の状態を見つめて選ぶ
ズキズキ、肩こり、めまい、冷えをともなう慢性の頭痛…タイプ別の漢方薬ケア【専門医に聞く】

頭痛は、ズキズキする、重だるい、肩こりやめまいをともなうなど、原因や体調によって症状の現れ方が違います。

漢方専門医で臨床内科専門医でもある吉田クリニック(大阪府八尾市)の吉田裕彦院長によると、「原因がほかの疾患ではない場合の慢性頭痛では、痛み方や頭痛にともなう不調や体質を見つめてケアする必要があります。肩こりやめまい、冷えなど複数の症状がともなうならば、漢方薬を試すという選択肢もあります」ということです。

そこで、漢方薬でのケア法について聞いてみました。

「気・血(けつ)・水(すい)」に注目する

はじめに吉田医師は、漢方医学での頭痛の原因について、次の説明をします。

「自律神経のバランスが乱れると疲れやストレスが溜まり、頭痛やめまいなどの不調、体温調節がうまくいかないなどの多様な症状が現れます。自律神経のバランスの乱れは、漢方医学では体を構成する要素の『気・血・水(き・けつ・すい)』のいずれか、もしくはすべてのめぐりの停滞だととらえることがあります。

『気』とは生命活動のエネルギーを表す元気のもとであり、『血(けつ)』はおもに血液を、『水(すい)』は水分やリンパ液など血液以外の体液全般を表します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.