くらし情報『あなたの憧れの人は「ちょうどいいブス」を目指さないはず【佐久間裕美子】』

2019年1月23日 21:45

あなたの憧れの人は「ちょうどいいブス」を目指さないはず【佐久間裕美子】

そして「モテる」「愛される」が幸せという考え方は、日本社会に女として育つ過程で刷り込まれるもので、実際に人生というやつをやってみて、自分を幸せにすることができるのは自分だけだと気がつく。本当のところ、幸せというものは、瞬間的に心が感じるもので、状況設定によって恒常的に確保できるものではないのだから。

だから、女性が、配偶者を持ちたいがためだけに「ちょうどいいブス」を目指す、というシナリオを想像して、暗澹(あんたん)とした気持ちになる。何かに打ち込んでいて輝いているとか、みんなに頼りにされているとか、器量、という外的要因以外のポイントで抜きん出ていて愛されている、という人は、世の中にはいくらでもいる。

そしてそういう人たちは、はなから「ちょうどいいブス」なんて目指していない。容姿であろうと、生き方であろうと、上を目指し、輝こうと努力をしている人のほうがよっぽど魅力的だし、一緒にいて楽しいに決まってる。一方、「ちょうどいいブス」を目指す女性を想像してもちっともウキウキしない。「ちょうどいいブス」を目指す先に、何かいいことが待っているとは決して思えない。

自分イジメはもうやめよう

結婚=幸せ、ではないことは、女たちはもうとっくの昔にわかっているはずだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.