くらし情報『「どうせ私なんて」と思う事は自分に失礼 作家・有川真由美さんに聞く、現代女性の“幸せの見つけ方”』

2014年8月12日 18:00

「どうせ私なんて」と思う事は自分に失礼 作家・有川真由美さんに聞く、現代女性の“幸せの見つけ方”

「どうせ私なんて」と思う事は自分に失礼 作家・有川真由美さんに聞く、現代女性の“幸せの見つけ方”

>>【前編】「辛いのは心のブレーキとアクセルを同時に踏んでいるから」作家・有川真由美さんが考える“幸せな女性”とは

――この4年間、台湾に在住して、今年の初旬に帰国されたとお伺いしています。台湾での生活が幸せすぎて、ストレスがなくなったというのは本当ですか?

有川:高雄にある大学院で日本研究をしながら、学生たちに教える立場にもいました。時間も自由、どこの場所に行くのも自由、なにをするのも自由、温かい人たちに囲まれて人間関係も自由……と、ストレスのない世界で幸せだったのですが、もう少し制限やストレスがあってもいいかなという不思議な気持ちになったんです。多少のストレスはスパイスのようなもの。皆がみながそうとは限りませんが、いくらか負荷がある方が、幸せもより深く、しみじみと味わえるような気がします。

人に喜んでもらうことが、人としてのいちばんの幸せ
――幸せは「なるもの」ではなく、「感じるもの」だということですね。

有川:幸せって、誰かが与えてくれるものでもなく、つまるところ、「ご飯が美味しい!」「夕日が綺麗!」と自分が感じる瞬間の積み重ねですよね。でも、その感じ方は実にさまざま。例えば、旅やサーフィンなど好きなことだけができればいいという人がいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.