くらし情報『「本当にこればかりやってていいの?」“氷結の母”が30代半ばで抱いた不安の正体』

2019年1月28日 20:46

「本当にこればかりやってていいの?」“氷結の母”が30代半ばで抱いた不安の正体

目次

・仕事の自分ルールは「とにかくポジティブであれ」
・「ほかの誰が君の親友になるんだ?」ハッとした言葉
・「こればかりやっていていいの?」30代半ばで抱いた不安
「本当にこればかりやってていいの?」“氷結の母”が30代半ばで抱いた不安の正体

29歳のときに「氷結®」*の開発に関わって以来、8年間にわたって同商品の育成に関わったというキリンの佐野環さん(47)。
*「氷結®」はキリンの登録商標です。

“氷結の母”として充実した日々を送っていたものの、30代半ばで「このままではアウトプットの質が落ちるのではないか?」という危機感を抱き、38歳のときにマサチューセッツ工科大学(MIT)でMBAを取得するために渡米。その後、オーストラリアの会社で3年間働きキャリアを積みます。

「仕事はこなせるようになってきたけれど、このままでいいのだろうか?」「気がついたらインプットがなくアウトプットばかり」と焦ったり不安になったりする気持ちは“中堅”と呼ばれる世代には「あるある」なのではないでしょうか?佐野さんに30代でぶつかった壁について伺いました。

【第1回】「働いている私」が飲んでも恥ずかしくないお酒を…

仕事の自分ルールは「とにかくポジティブであれ」

——前回は佐野さんの営業時代や「氷結」の開発担当になった頃のお話を伺いました。佐野さんが決めている自分ルールはありますか?

佐野:何でしょう?そうですね、とにかく楽観的なんです。営業時代も酒屋さんにキツイことを言われて一瞬へこむのですが、「直前に何か嫌なことがあったのかな?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.