くらし情報『これからは上手に「コースアウト」する技術も必要 嵐の活動休止に思うこと』

2019年1月29日 23:37

これからは上手に「コースアウト」する技術も必要 嵐の活動休止に思うこと

目次

・これって40歳がする仕事なんだろうか
・ブレーキや引き算は、逃げではなくて高等な生存戦略
これからは上手に「コースアウト」する技術も必要 嵐の活動休止に思うこと

2019年になっても、私たちをとりまく環境は何かと騒がしい——。それは、私たちが常に今を生きていて「これまで」と「これから」の間で葛藤を繰り返しているからなのかもしれません。

その葛藤や分岐点とどう向き合うべきか。エッセイストの河崎環さんに考察していただく連載「5分でわかる女子的社会論・私たちは、変わろうとしている」。

第5回は、アイドルグループ嵐の活動休止のニュースを受けて、人生から「コースアウト」することについて考えます。

これって40歳がする仕事なんだろうか

田中「これって40歳がする仕事なんだろうか」みたいな葛藤って、会社員にもあると思います。——「中年男ルネッサンス」(イースト新書/田中俊之山田ルイ53世

ジャニーズ事務所所属アーティストの中でも筆頭グループである嵐の2020年活動休止報道で、にわかに騒がしくなった昨今。活動休止決断のきっかけは、リーダー大野智さんの「一度、何事にも縛られず自由な生活がしてみたい」「嵐20周年、そして2020年という区切りで嵐としての活動を一旦終えたい」との思いにあったと会見でも自身の口から説明されました。

その思いが生じたのが2017年6月、ちょうど嵐の先輩グループであるSMAPが衝撃的な解散をしたのち、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの先輩3人が事務所を退所した時期であったことに、何らかの因縁を感じてしまうのは私だけでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.