くらし情報『疲労回復にはコレが一番 オトナ女子の「たんぱく質生活」覗いてみました』

2019年1月30日 20:00

疲労回復にはコレが一番 オトナ女子の「たんぱく質生活」覗いてみました

疲れたら肉を焼いて回復

36歳フリーランス既婚

解凍して焼くだけで一食になるヒレステーキ。赤ワインにも合います。

疲れた時はカラダが「たんぱく質=肉、欲しい!」ってなりますね。でも、そういうときはたいがい内臓系も疲れているので、脂っこいものは無理だし、量も食べられない。そこで脂が少ないけど肉感のある、ヒレステーキや鶏胸肉のローストを積極的に食べます。

外食なら定食で頼まずに、メインディシュを単品で注文して、肉だけ食べる。自宅なら、日頃からヒレステーキ肉をまとめ買いしておいて一枚ずつ冷凍しておきます。岩塩をふってバターで焼くだけで一食。そんなふうに肉中心の食事をしていると、だんだん心身ともに回復して元気が出てきます。

困ったときは納豆

35歳ライター独身

週に2回は食べるお気に入りの納豆。

普段から外食が多いので、家でご飯を食べるときは必ず納豆を食べるようにしています。我が家ではそれを「やさしいごはん」と呼んでいます。お気に入りは「梅風味黒酢たれ」で刻み葱を入れて食べます。だいたいお味噌汁も豆腐にすることが多いですね。週に2回は食べるようにしています。

ほかにたんぱく質といえば、鶏胸肉のソテーを作ることもありますが、時間と気合がないとできないので納豆が頼みの綱ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.