くらし情報『全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】』

2019年2月3日 18:01

全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】

目次

・漢方では「冷え体質」の改善を目指す
・全身、指先、おなかのタイプ別に冷えを和らげる
全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】

寒さが厳しくなるにつれて、冷えて指先が痛い、手足の感覚が鈍くなる、下痢をしやすい、肩こりが激しい、頭が重いなどの悩む声を耳にします。

漢方専門医で臨床内科専門医の吉田裕彦医師は、「冷えは万病のもとと言われますが、西洋医学では、『冷え』という病気や診断は存在しません。しかし、漢方医学では冷えにともなう不調や体質を見つめて治療をします」と話します。詳しく聞いてみました。

【靴下は履いたほうがいい?】臨床内科専門医に聞く、冷え対策のウソホント

漢方では「冷え体質」の改善を目指す

冷えは病気なのか、症状のひとつなのか、どうなのでしょうか。吉田医師はまず、西洋医学での「冷え」の考え方について、こう説明をします。

「体が冷えやすい体質の人を『冷え性』、その症状のひとつを『冷え症』と言います。冷える原因としては、自律神経のバランスの乱れや低血圧、貧血、またほかの病気が挙げられます。

一方で、冷えは、月経不順や月経前症候群(PMS)、月経痛など月経に関する病気、更年期障害、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、関節リウマチ、腰痛、肩こり、頻尿、過敏性腸症候群、下痢、慢性疲労、不眠など、多種の病気を悪化させる、引き起こすなどと影響を及ぼします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.