くらし情報『全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】』

2019年2月3日 18:01

全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
「血(けつ)」の不足を補って、全身の血流を促して体を温めるように作用します。やせ気味かやせて体力がない冷え性の女性に向き、月経トラブルや更年期障害など婦人科系の諸症状を和らげます。特に足腰の冷え、頭痛、めまい、疲れやすい、貧血、めまい、立ちくらみ、耳鳴りなどをともなうときに用います。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
「血(けつ)」の滞りを改善する代表的な漢方薬で、比較的体力がある女性の不定愁訴に用います。頭や顔がのぼせて腰や足が冷える「冷えのぼせ」のタイプに適し、月経痛や月経不順などの月経トラブル、肩こり、頭痛、めまい、肌荒れやシミができやすい、しもやけなどをともなうときに向きます。・加味逍遙散(かみしょうようさん)
「気」を全身にめぐらせるとともに、「血(けつ)」を補うことで「気・血・水」のバランスを整えるように働きます。こちらは体力があまりない女性の不定愁訴、更年期障害に用いられる代表的な漢方薬です。頭や顔がのぼせるのに下半身は冷える、イライラ、頭痛、肩こり、疲れやすい、めまい、不安感、不眠など多様な心身の不調に対応します。

(3)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.