くらし情報『全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】』

2019年2月3日 18:01

全身冷え、末端冷え、内臓冷え…「冷え」の体質を漢方薬で改善【専門医が教える】

おなかなど内臓が冷える……水毒(すいどく)

「水(すい)」のめぐりの乱れで、体内の水分量が多い、また偏っているために水分がたまる状態を「水毒」と呼びます。水分がたまっている部分、おもに胃やおなかのあたりが冷える「内臓冷え」と言えます。頭痛や顔のほてり、むくみ、下痢をしやすい、トイレが近いなどの症状をともないます。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
(2)の瘀血でも紹介しましたが、「血(けつ)」のめぐりの悪化にともなって低下した水分代謝を改善します。余分にたまった水分がもとで冷える内臓冷えの解消を目指します。

・苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
「気」の不足を補って、たまった「水(すい)」をとり除き、水分代謝の改善に働きます。体力があまりなくて、おなかや腰から下の冷えが強い、めまい、ふらつき、腰痛、神経痛などがあるときに向きます。

・五苓散(ごれいさん)
おなかなど内臓にたまった「水(すい)」を取り除く代表的な漢方薬です。体力に関係なく用いられ、のどや口が渇く、むくみ、頭痛、めまい、吐き気、胃もたれ、胃痛などをともなうときに、また、夏バテや二日酔いに向きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.