くらし情報『「キラキラかこじらせ」にしたくない。フォトエッセイ『じみけも』に込めた想い』

2019年2月4日 15:01

「キラキラかこじらせ」にしたくない。フォトエッセイ『じみけも』に込めた想い

目次

・「思ったよりかわいくない」が面白い
・女性にある根っこは同じ
「キラキラかこじらせ」にしたくない。フォトエッセイ『じみけも』に込めた想い

動物園といえば、パンダ、ゾウ、キリン……などスター動物たちが思い浮かぶ人が多いはず。しかし、スポットライトに当たらない地味な動物たちもいます。なんだか、特別誰かに注目されなくても毎日会社で頑張る私たちにちょっと似ている——?

そんな地味な動物たちの生態と“私たち”の日常を重ね合わせたフォトエッセイ・シリーズ『じみけも』。クォッカ、マヌルネコ、ナマケモノと第3弾まで刊行され、お疲れ気味な日常のひとときにホッとさせてくれる言葉の数々が共感を呼んでいます。

画像提供:じみけも委員会/ハーパーコリンズ・ジャパン

どうしてこんなに親近感が湧いてくるの?じみけものプロジェクトメンバーから、発起人である編集者の小野寺志穂さん、マーケティングの吉江小穂さんに話を聞きました。

マヌルネコを担当した小野寺さん

「思ったよりかわいくない」が面白い

──『じみけも』の誕生のきっかけを教えてください。

小野寺志穂さん(以下、小野寺):『じみけも』自体は、想定外から誕生したんですよ。はじめは動物の写真集を作ろうと思っていた私が声をかけて、私を含めた編集者が3人、経理からひとり、営業部からひとり、そしてマーケティングの吉江の6人でスタートしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.