くらし情報『「新しいアイデアは組み合わせで生まれる」キリンがプラズマ乳酸菌に注目した理由』

2019年2月4日 20:45

「新しいアイデアは組み合わせで生まれる」キリンがプラズマ乳酸菌に注目した理由

目次

・新しいアイディアは組み合わせで生まれる
・発酵に注目した理由
「新しいアイデアは組み合わせで生まれる」キリンがプラズマ乳酸菌に注目した理由

29歳のときに*「氷結®」の開発に関わって以来、18年間にわたって前任者のいないプロジェクトや新規事業に関わってきたというキリンの佐野環さん(47)。
*「氷結®」はキリンの登録商標です。

2016年には同社の事業創造部の部長に就任し、翌17年8月には「プラズマ乳酸菌」を配合した新ブランド「iMUSE(イミューズ)」を立ち上げ、18年には約55億円を売上げました。

プロジェクトも新規事業も「白紙の状態だからワクワクする」と話す佐野さんに、アイディアに生み出し方や「iMUSE」が目指すものについて伺いました。

【第1回】「働いている私」が飲んでも恥ずかしくないお酒を作りたかった
【第2回】“氷結の母”が30代半ばで抱いた不安の正体

2017年に発売した、プラズマ乳酸菌を配合したブランド「iMUSE」

新しいアイディアは組み合わせで生まれる

——前回は30代で半ばでぶつかった壁やオーストラリアで商品開発をしていたときのお話を伺いました。オーストラリアから戻ってきたのは?

佐野:2013年です。キリンに戻ってからは、キリンをどう魅力的なブランドにしていくかを考えるコーポレートブランディングを担当しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.