くらし情報『「やってらんねーよ!」と素直になってもいい。頑張りすぎな貴女へ』

2019年2月5日 20:45

「やってらんねーよ!」と素直になってもいい。頑張りすぎな貴女へ

目次

・自分の周りにもあった小さな分断
・プロジェクトにすんなり入ってもらえたのが成功の鍵に
・現代の女性は自分に正直
「やってらんねーよ!」と素直になってもいい。頑張りすぎな貴女へ

ペンギン、ライオン、トラ、ゾウ……動物園で人気のスター動物たち。その影には、ふっと横を素通りされてしまうような、スポットライトが当たらない地味な動物たちもいます。これってもしかして、仕事で必死に頑張ってもなかなか光の当たらない、私たちの日常に似てるんじゃ──?

『じみけも』は、そんな地味な動物たちの生態と“私たち”の日常を重ね、ひと息つきたい時に、ホッとさせてくれるフォトエッセイ・シリーズ。クォッカ、マヌルネコ、ナマケモノと第3弾まで刊行され、動物たちの言葉の数々は共感を呼んでいます。

画像提供:じみけも委員会/ハーパーコリンズ・ジャパン

どうしてこんなに癒されるのか。プロジェクトの発起人である編集者の小野寺志穂さん、マーケティングの吉江小穂さんにお話を聞いていくと、現代の働く女性の「ホンネ」が浮かんできました。

自分の周りにもあった小さな分断

──前回、部署を横断して『じみけも』のプロジェクトメンバーを募ったとおっしゃっていました。編集、マーケティング、営業、経理……職種もさまざまだそうですね。

小野寺:はい。普段は一緒にランチもすることのないメンバー7人でチームを構成しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.