くらし情報『「レシピ本より“推し”の料理家を見つけて」自炊力を上げるコツ』

2019年2月7日 09:45

「レシピ本より“推し”の料理家を見つけて」自炊力を上げるコツ

目次

・レシピ本より“推し”の料理家
・買い物は意外と高度な作業
・ときめきや成功体験も大事
「レシピ本より“推し”の料理家を見つけて」自炊力を上げるコツ

『自炊力』(光文社新書)の著者で、フードライターの白央篤司さんへのインタビュー。

白央さんの提唱する「自炊力」とは、料理の上手さではなく、買い物の組み立て方や栄養バランスを考えて食生活を考えられる能力の総合力のことです。

そう聞くと難しく感じますが、第1回でうかがったように、「コンビニで買ってきたパスタに冷凍のブロッコリーをのせるだけでも立派な自炊」なら、今日からできるような気がしてきますね。

今回はちょっと踏み込んで、自炊力のレベルを上げていくためのコツを教えていただきます。

レシピ本より“推し”の料理家

——『自炊力』を拝読して、自炊を始めるならレシピ本からではなくて、テレビの料理番組から入るといいというアドバイスが斬新でした。“推し”の料理家さんを見つけると、結果的に技術が早く身につくそうですね。

白央篤司さん(以下、白央):まず始めるにあたってはビギナー向けのレシピ本を買ってみようか……という人も多いんですけど、レシピ本って読むのかなり難しいんですよ。専門用語や専門表現が多くて。ある意味「楽譜」みたいなものだと私は思っているんです。ピアノをはじめようとして、いきなり楽譜が読めちゃう人はいないわけでね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.