くらし情報『う、器が小さすぎる…! 責任を取りたがらない上司の対処法』

2019年2月8日 21:01

う、器が小さすぎる…! 責任を取りたがらない上司の対処法

目次

・若い世代が伸び悩む背景は…
・自分が“ハズレ”上司にならないために
・強い人とのパイプを作ろう
う、器が小さすぎる…! 責任を取りたがらない上司の対処法

DJあおいさんと「仕事がデキること」について考えていく連載「私は仕事ができない。」100回目のボヤきは「梯子を外さないで……」です。

【今週のボヤき】

責任を負いたがらない上司というか先輩がいます。何かあると「私は悪くない」「私はそんなつもりじゃなかった」「下が勝手にやったこと」など言い訳ばかりです。前に先輩に頼まれた仕事をして外部とトラブルになった際も「あなたが勝手にやったことでしょ」と梯子を外されました。下の立場から言わせてもらえば、「何かあったら私が責任をとるから」とドンと構えていてほしいし、そういう人に上に立ってほしいと思うのですが、そういう人とチームになったことを嘆くしかないのでしょうか。

若い世代が伸び悩む背景は…

成功すれば自分の手柄、失敗をすれば部下(後輩)のせい。

自分のミスにも関わらず、上の人に「部下(後輩)の失態は私の責任!私からキツく叱っておきますので!」とカッコいいことを言って株を上げ、全責任を部下(後輩)に擦りつけ、自分のミスなのに自分の株を上げるという魔導師みたいなポンコツ上司ってどこにでもいますよね。

最近はとくに「自己責任論」が横行している風潮がありまして、責任の所在が結局弱いところに集中してしまうという、下の立場にいる者にとって生きづらい時代でもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.