くらし情報『もしかして冷え性かも…韓方医に聞く「おしり温活」って?』

2019年2月26日 10:01

もしかして冷え性かも…韓方医に聞く「おしり温活」って?

日本人女性に特有の問題点はありますか?

キム・ソヒョン先生(以下、キム):不思議なのですが、同じ東アジア圏でも、日本人は、中国人より韓国人と体質が近く、「陰」と「陽」で体質を分けるなら、「陰」体質の方が非常に多いです。

「陰」体質の女性の特徴としては、「冷え症」だということと、ストレスが胃と腸に現れることです。冷え症というのは、「手が冷たい」「足が冷たい」で放っておくと後々大変なことになります。女性ホルモンのエストロゲンは、平均的に35歳で分泌がピークを迎えますが、冷え症によってエストロゲンが不足し、30代、40代とまだ若いうちから更年期のような症状に悩まされている女性がたくさんいます。

そういう方たちに共通している特徴は、「疲れやすい」「肌が疲れてる」「毛髪に弾力性がない」ということ。クリニックの患者さんからよく「先生は何のシャンプーを使ってるの?」「化粧品は何を?」と聞かれるのですが、問題は化粧品やシャンプーではありません。結局、インナービューティーを実現することが、“天然のメイク”になるのです。

会陰を温め、めぐりを良くして“冷え”解消

——先月、日本で『おしり温活美人』(ポプラ社)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.