くらし情報『“永遠の後輩”でいたいって思っちゃダメですか? 酒井順子さんに聞く』

2019年3月4日 20:55

“永遠の後輩”でいたいって思っちゃダメですか? 酒井順子さんに聞く

私は会社員ではないので、部下の扱い方はよくわかりませんが、会社員の友人が「後輩のために道を作るように仕事をしている」と言っているのを聞いて、なるほどと思いました。

期限を決めて頑張ってみるのも…

——新しいことをやってみる、か……。

酒井:さきほど申し上げた「ジャンルを決めて頑張る」というのもありますけど、時期を決めて頑張るという方法もあるかもしれません。

のべつまくなし頑張らなくても、「この1ヶ月はちょっと頑張ろう」とか「3月まで無理してみよう」とか。期限が決まっていると、「いつまで頑張ればいいの?」となりませんから。

——その頑張りや挑戦は無駄にはならないですか?「この年齢で失敗するのが怖い」って、どうしても思っちゃうんですけれど……。

酒井:苦労とか努力って、必ず何らかのものに繋がりますよ。ある昔の作家も、「苦労なくして得たものは、存在しないのと同じこと」と書いていましたが、この年になって、私もその意味がよくわかってきました。

——酒井さんにお話を伺って、今後の人生や仕事に希望が見えてきました。でもやっぱり、バブル世代はうらやましいです(笑)。最後にウートピ読者へのメッセージをお願いします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.