くらし情報『“おっぱい作り直し手術”の現場から…女社長、サイボーグ生活に突入する』

2019年2月28日 20:45

“おっぱい作り直し手術”の現場から…女社長、サイボーグ生活に突入する

が、しかし、これから私には3か月のサイボーグ生活が待っている。

手術中に大量の生理食塩水を使用しているので、胸からウエストまでと、ウエストから足首までのキツキツコルセットを装備して日常生活を送らなければならないのだ。

それも、この1週間は寝ている時もつけなければならないらしい。

私にとっては、食べたり飲んだり眠ったりという普通の生活が危ぶまれるキツさだが、ここでくじけては手術の意味がないので頑張る予定である。

10月1日

術後2日目。

魔女のサバトの打ち合わせで白魔女こと金沢悦子とつっちー、事務局のばやちゃんと三軒茶屋の喫茶店で落ち合った。

「……どうしたの???」

全身筋肉痛&コルセット装備の私の、ロボット的な動きを見てのそれは第一声だった。「よっこらしょ!」と勢いをつけながら席に着く。

人よりコルセットが苦手のせいもあるが、このスローモーな自分は妊婦時代以来の不自由さである。綺麗は一日にしてならず、自分に「ええやん!」を言ってあげるのもなかなか大変なものだ。

10月6日

術後ちょうど1週間が経つ。これまた先生の予言の通り、おトイレに座ると腿裏が痛い。全身筋肉痛はだいぶ和らいできたが、それでも汗だくでコルセットを装備して、バレリーナみたいに綺麗&不自然な姿勢で生活をしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.