くらし情報『腰が凝っている…デスクワーク中のコリケア、理学療法士が実践する小ワザ3つ』

2019年2月27日 21:45

腰が凝っている…デスクワーク中のコリケア、理学療法士が実践する小ワザ3つ

おなかの深層部の筋肉を鍛え、おなかやせに加えて背筋の強化に影響するため、猫背の改善が期待できます。姿勢が良くなると血流が改善されて全身のコリのケアにつながるでしょう。

①椅子に浅く座り、足を骨盤の広さに開いて骨盤を立て、背筋を伸ばします。両方の手の指を広げておなかにあてましょう。

②①の状態で、苦しくない程度におへその周りを「キュッ」と締めるイメージでおなかをへこませたまま、5~10秒をキープします。ゆっくりと呼吸をしながら行いましょう。

③ゆっくりとおなかを緩めて、元の姿勢に戻ります。ひと息ついてから、2・3回をくり返しましょう。

(3)ツボ・志室(ししつ)刺激&上半身傾きストレッチ

「志室」のツボは腰にあり、「志」は意志、「室」は部屋や家を指し、生命力の根源の意志や元気を蓄える場所という意味合いがあります。腰痛や足腰のしびれ、冷え、疲労、けん怠感、トイレが近いなどを緩和、軽減するように作用します。腰痛とともに、日々の仕事の疲れを予防や改善するツボとして覚えておきましょう。

このツボを押しながら、腰を基軸にして上体を横に倒しましょう。すると、首、けんこう骨、背中、腰、おなかがストレッチされるのがわかるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.