くらし情報『自分を「本能的に悲劇のドラマを好む生き物」だと思えますか?』

2019年3月7日 20:45

自分を「本能的に悲劇のドラマを好む生き物」だと思えますか?

目次

・私たち人間は本能的に悲劇のドラマを好む生き物なのだ
・ロックだぜ!でもこの本で人を殴るのは「誤読」だよね
・メディアは現実を映し出す鏡にはなれない
自分を「本能的に悲劇のドラマを好む生き物」だと思えますか?

2019年になっても、私たちをとりまく環境は何かと騒がしい——。それは、私たちが常に今を生きていて「これまで」と「これから」の間で葛藤を繰り返しているからなのかもしれません。

その葛藤や分岐点とどう向き合うべきか。エッセイストの河崎環さんに考察していただく連載「5分でわかる女子的社会論・私たちは、変わろうとしている」。

第6回は、話題の本『FACT FULNESS(ファクトフルネス)』(日経BP社)から、思い込みについて考えます。

私たち人間は本能的に悲劇のドラマを好む生き物なのだ

このクイズは、さまざまな国の、さまざまな分野で活躍する人々に実施してきた。医学生、教師、大学教授、著名な科学者、投資銀行のエリート、多国籍企業の役員、ジャーナリスト、活動家、そして政界のトップまで。間違いなく、高学歴で国際問題に興味がある人たちだ。しかし、このグループでさえも、大多数がほとんどの質問に間違っていた。一般人の平均スコアを下回り、とんでもなく低い点数をとったノーベル賞受賞者や医療研究者もいた。優秀な人たちでさえ、世界のことを何も知らないようだ。
何も知らないというより、みんなが同じ勘違いをしているといったほうが近いかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.