くらし情報『花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました』

2019年3月8日 14:55

花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

目次

・ポイントは「症状が現れる前」に治療を開始すること
・花粉が飛ぶ真っ最中は「導入療法」を行う
・改善した状態を保つための「維持療法」がある
・症状の様子を見ながら、合う薬を見つける
花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

好評の花粉症ケアシリーズ、「処方薬と市販薬のちがいは? 耳鼻咽喉科専門医に聞く花粉症ケア」では、市販薬の選び方についてご紹介しました。

引き続き、耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長に、今回は、花粉のシーズン中の耳鼻咽喉科での治療法について聞いてみました。

ポイントは「症状が現れる前」に治療を開始すること

「処方薬と市販薬のちがいは? 耳鼻咽喉科専門医に聞く花粉症ケア」の記事では、市販薬を選ぶ場合でも、まずは耳鼻咽喉科を受診したうえで、花粉症かどうか、また自分に合う薬を医師に相談することを推奨しました。

では、耳鼻咽喉科を受診した場合、どのように花粉症を治療するのでしょうか。遠山医師は、症状の進行段階ごとに治療法があると説明をします。

「まだ花粉症の検査を受けたことがない人は、はじめに、花粉症や何らかのアレルギーがあるかどうかと、その程度を血液検査で調べます。

このあと説明するように、花粉症の治療は症状が現れる前に薬を飲んで対策をしておくことがポイントになるので、花粉症かもしれないと感じた場合は一日も早く受診してください」

次に、「花粉症だとわかっている場合に、もっとも軽症で症状が現れる期間を短くするには、『初期療法』を行います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.