くらし情報『花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました』

2019年3月8日 14:55

花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

と話す遠山医師は、その治療法についてこう説明を続けます。

「毎年の花粉に対する反応を考慮して、先ほど話したように、花粉症の症状が現れる前や、軽度のうちに薬を服用する治療法です。

花粉が飛散し始める約2週間前からアレルギーを抑える抗アレルギー薬を処方します。服用する薬が効くまでの時間や、症状が軽快したかどうかを見ながら、もし薬が合わない、副作用が出るなどすれば、薬を変更する、量を見直すなどして、その患者さんに合う薬を見つけていきます」

花粉が飛ぶ真っ最中は「導入療法」を行う

では、花粉シーズン真っ最中に初めて花粉症だとわかった場合や、思いのほか症状が強いなどで駆け込む人の場合は、どういった治療になるのでしょうか。

「『導入療法』と呼ぶ、花粉が飛散している時期や、花粉症の症状が強くなってから開始する治療を行います。抗アレルギー薬や、さらにアレルギー症状が強い場合には、体内での炎症や体の免疫力を抑える働きを持つ経口ステロイド薬という内服薬を1週間ほど服用する、点鼻薬も併用するなどの方法です。この場合、初期療法よりも薬が多くなり、症状の緩和度合いも初期療法ほどには軽快しないこともあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.