くらし情報『花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました』

2019年3月8日 14:55

花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

ですから、早めの花粉症対策、治療が重要になってくるわけです」と遠山医師。

改善した状態を保つための「維持療法」がある

花粉症のケアが功を奏した場合に、来年のシーズンに向けて行う治療もあると聞きました。遠山医師はそれについて、次のように説明します。

「『維持療法』と言って、初期療法と導入療法で症状が軽快、改善した状態を保つために、また、再発しないため、しても軽くするために行う治療です。抗アレルギー剤、経口ステロイド薬、第二世代抗ヒスタミン薬、点鼻薬を服用します。

この治療中には症状が軽くなってくることが多いのですが、そう感じても治療を続けることが治療のコツです。ただし、続けると言っても、次の花粉のシーズンまで薬を飲み続けるのではなく、花粉の飛散が終わるまでの治療となります」

手術で治す方法もあると聞きました。

「レーザーによる手術があります。花粉症だけではなく、ホコリやダニ、通年性のアレルギー性鼻炎に用いられます。鼻の粘膜にレーザー光線を照射して表面を焼いて、アレルギー反応を起こしにくいように変化させます。

ガーゼによる麻酔時間を含めて30分ほどで終了するので、日帰り手術になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.