くらし情報『花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました』

2019年3月8日 14:55

花粉症シーズン中のケア 医療機関での治療法を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

ただ、どの病院でも受けられるわけではありませんので、事前にかかりつけ医に相談する、あるいは電話やホームページなどで確認してください」と遠山医師。

症状の様子を見ながら、合う薬を見つける

では、医療機関で受診するとどのような薬が処方されるのでしょうか。主な薬を遠山医師に挙げてもらいました。後ろの2つは外用薬で、それ以外は内服薬となります。

・抗ヒスタミン薬……主にくしゃみ、鼻水を改善。鼻づまりの緩和にも作用する。
・抗ロイコトリエン薬……おもに鼻づまりを改善。くしゃみ、鼻水の緩和にも作用する。
・抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬……おもに鼻づまりを改善。くしゃみ、鼻水の緩和にも作用する。
・ケミカルメディエーター遊離抑制薬……くしゃみ、鼻水、鼻づまりを改善。
・Th2サイトカイン阻害薬……鼻づまりを改善。
・鼻噴霧用ステロイド薬(外用薬)……くしゃみ、鼻水、鼻づまりを緩和
・血管収縮剤(外用薬)……鼻づまりを改善。医療機関での治療法について遠山医師は、「花粉症対策の薬は多種多様にありますが、患者さんによって、その症状や副作用もまた多岐にわたります。

初期療法の説明時にお話ししましたが、第一選択薬であまり効果がないようであれば、患者さんの症状や様子を見ながら、薬を変更する、あるいは量の調整をするなどしていきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.