くらし情報『もし自分が○○の立場だったら…にある違和感【中年男ルネッサンス刊行イベント】』

2019年3月11日 20:45

もし自分が○○の立場だったら…にある違和感【中年男ルネッサンス刊行イベント】

目次

・保育園で欲情される男性を目指してみるという提案
・一億総イタコ状態の現代に思うこと
・精神年齢と実年齢のギャップ
もし自分が○○の立場だったら…にある違和感【中年男ルネッサンス刊行イベント】

1月29日、「八重洲ブックセンター(東京都中央区)で、『中年男ルネッサンス』(イースト・プレス)の刊行記念イベントが開催され、著者の田中俊之さん、山田ルイ53世さん、そしてゲストには小島慶子さんが登壇。「中年男のゆくえ」について語り合いました。

「中年男」というタイトルですが、そのトーク内容は現代を生きる女性たちにも知ってほしいポイントが盛りだくさん。ユーモアと笑いに包まれながらも示唆に富む発言が盛りだくさんだったイベントの一部を編集してお届けします。

第1回:「若い子を見てお姉さまが怒ってるよ」にはもうウンザリ

左から、山田ルイ53世さん、田中俊之さん、小島慶子さん

保育園で欲情される男性を目指してみるという提案

山田ルイ53世さん(以下、山田):小島さんと話していると、思わず「姐さん!」と言いたくなる瞬間が多々あります。“おばさんいじり”の文脈ではなく、リスペクトしているという意味でですよ?あくまで!

田中俊之さん(以下、田中):小島さん、頼られる傾向がありますよね。

小島慶子さん(以下、小島):そうかな?

山田:こういう言い方は失礼かもしれませんが、えーっと、男気(おとこぎ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.