くらし情報『“女子アナとおじさん”はいつまで続く?【中年男ルネッサンス・トークイベント】』

2019年3月13日 20:45

“女子アナとおじさん”はいつまで続く?【中年男ルネッサンス・トークイベント】

目次

・自分が出ていったほうが早いというジレンマ
・第二検索ワードに「ヒステリー」
・“女子アナとおじさん”がセットなのはいつまで続く?
“女子アナとおじさん”はいつまで続く?【中年男ルネッサンス・トークイベント】

1月29日、「八重洲ブックセンター(東京都中央区)で、『中年男ルネッサンス』(イースト・プレス)の刊行記念イベントが開催され、著者の田中俊之さん、山田ルイ53世さん、そしてゲストには小島慶子さんが登壇。「中年男のゆくえ」について語り合いました。

「中年男」というタイトルですが、そのトーク内容は現代を生きる女性たちにも知ってほしいポイントが盛りだくさん。ユーモアと笑いに包まれながらも示唆に富む発言が盛りだくさんだったイベントの一部を編集してお届けします。

第1回:おばさんいじりにはもううんざり
第2回:一億総イタコ状態の現代に思うこと

左から、山田ルイ53世さん、田中俊之さん、小島慶子さん

自分が出ていったほうが早いというジレンマ

田中俊之さん(以下、田中):ジェンダー問題で、結局ここが難しいなと思う部分なのですが……。ステレオタイプって、ある場面においては便利に作用することがあるんです。僕の例ですが、宅急便を配達する男性の感じが悪かったことがあって……。妻は僕に言うわけですよ「あの人いつもタメ口だし、箱が汚れていたことを指摘したけれど取り合ってくれなかった。今日はあなたが代わりに出てよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.