くらし情報『これはアウト?セーフ? セクハラは点ではなくて文脈で考える』

2019年3月15日 20:45

これはアウト?セーフ? セクハラは点ではなくて文脈で考える

それをいいと思う男の人がいることも、自由です。ただ、私が言いたいのは「これこそが女性の正解である、理想的である」というように強いることがよくない。

山田:会場から「ああ」って納得の声が上がりましたね。(会場を向いて)俺、聞いてよかったやろ?あえて愚かな役回りを演じたんですよ(笑)

小島:男爵はいったい何を恐れているの?(笑)

山田:正直に言いますと、僕は古い価値観にどっぷり浸かってきたので、何がアウトなのか肌感覚でわからない時があるんですよ。だから、素直に聞いて理屈で納得しようとしているんです。

小島:素晴しい。最近、「どこからがセクハラかわからない。どこからがパワハラかわからない。もう会話もしちゃいけないのか」という声も多いですよね。それって普通に聞いたらいいことだと思いませんか?

「今日の髪型かわいいね。あ、ごめん。これってセクハラになっちゃう?悪気なかったんだけど、もし嫌だったらごめんね」と言えばいい。そこで対話できるじゃないですか。「私は気にしない」と言われるかもしれないし、「そういうことあまり言われたくないです」と教えてくれるかもしれない。山田:僕からしたら、もし質問した時にそれがセクハラだった場合、警報が鳴りそうな感覚があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.