くらし情報『これはアウト?セーフ? セクハラは点ではなくて文脈で考える』

2019年3月15日 20:45

これはアウト?セーフ? セクハラは点ではなくて文脈で考える

でも、それは違うと思うんですよ。

小島:去年もいろんな事件があって、みんな学習しているはずなんだけど……。ケースバイケースなことも多いですからね。お互いがどんなつもりで言ったかを理解しあえる状況だったかとか。

田中:この話はとても重要なポイントで、文脈の話なのに、みんな点で捉えようとするんですよ。ある行為がセクハラ・パワハラに相当する、それ以外はセーフみたいな議論をしがちなんです。でも小島さんがおっしゃったように、線があって、つまり文脈があってのその言動が来るわけで。これはアウト、これはセーフという話ではないと、しっかり理解したほうがいいんじゃないかと思うんですよね。

小島:相手を普段からどう扱っているかとか、どういう目で見ているかとか。それがある一点に現れた時にハラスメントとして出てくるわけで。

田中:それを唐突に指摘されたと感じている時点で、その人の見込みが甘いわけですよ。伏線があることにすら気づいていないのは、鈍感なのだと僕は思います。

セクハラのジャッジより気持ちに寄り添う

山田:助走なしのセクハラはナシなわけですね。

一同:笑

小島:企業が社内のセクハラ事案に対応する場合、必ず当事者同士の言い分を聞くという方法を取る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.