くらし情報『慢性頭痛、月経痛は改善できる? 鎮痛剤の疑問を専門医に聞きました【後編】』

2019年3月13日 15:01

慢性頭痛、月経痛は改善できる? 鎮痛剤の疑問を専門医に聞きました【後編】

目次

・慢性頭痛、二日酔いの頭痛は鎮痛剤では取り除けない
・月経痛に特化している鎮痛剤の主成分はイブプロフェン
慢性頭痛、月経痛は改善できる? 鎮痛剤の疑問を専門医に聞きました【後編】

鎮痛剤の服用法に関する疑問に答えた、「風邪薬と一緒に飲んでもいい? いつ飲む? 鎮痛剤の疑問を専門医に聞きました【前編】」の記事に引き続き、こちら後編では、慢性的な頭痛や二日酔いによる頭痛、月経痛の痛みと鎮痛剤について、今回も臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に尋ねてみました。

前編の疑問はこちらです。合わせて参考にしてください。

(1)鎮痛剤は痛みが我慢できなくなってから飲むのがよい?
(2)鎮痛剤と風邪薬を一緒に飲んでも大丈夫?
(3)ひとつの鎮痛剤で、体のどの部位の痛みにも効くの?
(4)錠剤は砕いて服用した方が効き目は早いの?
(5)空腹時に鎮痛剤を飲むと効き目が弱くなるの?
(6)鎮痛剤を飲んでも効き目がないときは、飲み足す、種類を変えるといい?

慢性頭痛、二日酔いの頭痛は鎮痛剤では取り除けない

(1) 頭痛が慢性的にある場合でも、鎮痛剤で抑えるのは適切な方法なのでしょうか。

正木医師:鎮痛剤は痛みを抑えますが、痛みの原因を治療するわけではありません。その点は重要なので理解しておいてください。つまり、鎮痛剤では、慢性的に頻発する頭痛を根本的に治療することはできません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.