くらし情報『慢性頭痛、月経痛は改善できる? 鎮痛剤の疑問を専門医に聞きました【後編】』

2019年3月13日 15:01

慢性頭痛、月経痛は改善できる? 鎮痛剤の疑問を専門医に聞きました【後編】

慢性の頭痛の場合も鎮痛剤を服用すれば一時的に症状を抑えますが、そのために病気の原因の発見が遅れることがあります。鎮痛剤を飲めば痛みは治まるけれど、時間が経って薬の効き目が切れると再び痛むことをくり返す場合は、別の病気が隠れている場合があります。早めに内科、脳神経外科、場合によっては眼科や耳鼻科を受診してください。

(2)二日酔いが原因のズキズキする頭痛に鎮痛剤は効くのでしょうか。

正木医師:前編の(1)で説明した通り、鎮痛剤は「痛み物質の発生・増殖を抑える」ように働きます。

二日酔いで頭がズキズキとするのは、痛み物質が原因ではありません。肝臓でアルコールを分解する際に生じる「アセトアルデヒド」という有害物質が脳の神経を刺激するために生じます。つまり、鎮痛剤では治りません。

反対に、鎮痛剤には胃に負担をかける成分が含まれている場合があります。二日酔いで鎮痛剤を服用すると,お酒で疲れている胃に、さらに悪影響となることがあるので飲まないようにしてください。

月経痛に特化している鎮痛剤の主成分はイブプロフェン

(3)月経痛に特化した鎮痛剤がありますが、ほかの鎮痛剤とはどう違うのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.