くらし情報『ホルモンバランスの乱れが原因 大人ニキビをケアする漢方薬【漢方専門医に聞く】』

2019年3月14日 20:45

ホルモンバランスの乱れが原因 大人ニキビをケアする漢方薬【漢方専門医に聞く】

目次

・大人ニキビの原因はホルモンバランスや胃腸の不調
・ストレスで皮脂の分泌が過剰になる
・ホルモンバランスを整える漢方薬
・洗いすぎると余計に皮脂の分泌量が増える
ホルモンバランスの乱れが原因 大人ニキビをケアする漢方薬【漢方専門医に聞く】

思春期世代にできるものと思っていたニキビが、30代になってもいつの間にかプツプツと出ることがあります。もしかして肌年齢はまだ10代!? というわけでは決してないでしょう。

そこで、ブツブツの正体について、漢方専門医・臨床内科専門医・消化器内視鏡専門医でもある吉田裕彦医師に尋ねると、「思春期のニキビと、20歳を過ぎてからできる『大人ニキビ』とでは、場所も原因も対処法も異なります」ということです。

詳しいお話を聞いてみました。

大人ニキビの原因はホルモンバランスや胃腸の不調

吉田医師はまず、大人ニキビができる場所について、
「思春期のニキビは、主に毛穴が多い額から鼻筋にかけてのTゾーンにできます。しかし、20歳以降にできる大人ニキビは、頬やあご、首などのフェイスラインに目立ちます」と指摘をします。

次に、思春期ニキビと大人ニキビの原因の違いについて、吉田医師はこう説明を続けます。

「思春期ニキビは、成長ホルモンや性ホルモンが盛んに分泌されることが原因です。一方、大人ニキビの大きな要因は、ホルモンバランスの乱れが考えられます。また、便秘や胃の不調など内臓の病気も強く影響します。さらに、洗顔や化粧品の油分量、過剰なマッサージなどのスキンケア法、体内の水分の蒸発を防ぐ肌のバリア機能の低下などによることもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.