くらし情報『上司の言うことを受け入れちゃう貴女へ…仕事がおもしろくなる「反論する勇気」って?』

2019年3月22日 10:00

上司の言うことを受け入れちゃう貴女へ…仕事がおもしろくなる「反論する勇気」って?

目次

・仕事は反論する人と組むのが面白い
・「違いますよ」と言える勇気
上司の言うことを受け入れちゃう貴女へ…仕事がおもしろくなる「反論する勇気」って?

アドラー心理学を紹介した『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)で知られる哲学者の岸見一郎(きしみ・いちろう)さんが「読書」と「生きること」をテーマに書き下ろした、初の読書論『本をどう読むか』(ポプラ社)が2月に発売されました。

本を読む楽しみって何?読書と幸福の関係性は?

「本の読み方が変われば生き方も変わる」と力を込める岸見さんに、3回にわたってお話を伺いました。

【第1回】岸見先生、本の読み方が変われば生き方も変わるってどういうことですか?

仕事は反論する人と組むのが面白い

——前回は、本を読みながら著者に「それは違うんじゃないの?」と反論することで、一般の対人関係でも対話できるようになり、人間関係や生き方も変わってくるというお話でした。

私は上司から言われたことに対して、とりあえず受け入れちゃうところがあります。「あれ?」と疑問に思っても「これはこうなんじゃないですか?」「違ってますよ」とは言いにくいです。

岸見一郎さん(以下、岸見):一緒に仕事をする編集者の中には私に何度も書き換えることを求める人もいます。三回も、四回も。もちろん、僕もはい、そうですか、わかりました、とは引き下がれませんが、「ここはこういう理由でダメだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.