くらし情報『花粉症のケアにも! 鼻水、鼻づまり対策の三大ツボ【鍼灸師が教える】』

2019年3月27日 15:00

花粉症のケアにも! 鼻水、鼻づまり対策の三大ツボ【鍼灸師が教える】

は照らす、明るいという意味があり、はっきりとものが見えるようになるツボを表しています。目と鼻を結ぶ場所に位置していて、鼻水、鼻づまり、鼻血などの鼻の不快な症状と、目の疲れ、かすみ目などの緩和に作用します。目が疲れると無意識にこの場所を押していることがあるのは、ここを押すと疲れが軽減するからです。

<ツボ「睛明」の位置>

目がしらと鼻のつけ根の間のくぼみ。左右にあります。

<刺激法>
手のひとさし指の腹で、左右のツボを気持ちよいと感じる強さで、ひと押し3~5秒ほどを、3~5回くり返しましょう。手のおや指とひとさし指でつまむように刺激するのもよいでしょう。

ただし、目の付近の皮ふはデリケートなので、あまり強い力を加えないように、また、目をこすらないようにしましょう。

(2)ツボ・迎香(げいこう)

「迎香」の「迎」は迎える、「香」は香り、においを意味し、文字通り、香りを受けるツボです。鼻水や鼻づまり、鼻血などを改善する特効ツボとして知られています。<ツボ「迎香」の位置>
小鼻のふくらみの根元のすぐ横にある小さなくぼみ。鼻の穴の両脇。左右にあります。

<刺激法>
手のひとさし指の腹で、ひと押し3~5秒ほどをやや強めに、3~5回くり返し押しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.