くらし情報『花粉症のケアにも! 鼻水、鼻づまり対策の三大ツボ【鍼灸師が教える】』

2019年3月27日 15:00

花粉症のケアにも! 鼻水、鼻づまり対策の三大ツボ【鍼灸師が教える】

また、(1)の「睛明」から「迎香」までを、両方のひとさし指で上から下に向かって10~15回さすってみましょう。あらかじめ、指をこすり合わせて温めてから実践するとより有用です。

(3)ツボ・百会(ひゃくえ)

「百」は数が多い、「会」は交わるを表わし、体の働きの道すじが集まる場所を意味するツボとして知られています。頭のてっぺんにあり、鼻水、鼻づまりの改善や、耳鳴り、目の疲れ、頭痛、頭重感、首や肩のこり、痔にも作用する、万能のツボとしても有名です。

<ツボ「百会」の位置>

頭のてっぺんにあります。両方の耳から頭に沿って上がった線と、眉間の中心から真っすぐに上がった線が交わったところ。

<刺激法>
両方の手のなか指で下にまっすぐ、体の中心に向かって刺激するように押します。強めにひと押しで5~10秒ほど刺激し、3~5回をくり返しましょう。また、百会の周辺には複数のツボがあります。あちこちを指先で押してみて、イタ気持ちいいと思う部分をくり返し刺激しましょう。

首のストレッチで頭重感の緩和を

(4)首の上下ストレッチ

首を上下に動かすと、頭部や顔の血流を促すため、鼻づまりによる頭重感や倦怠感やの緩和につながります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.