くらし情報『鼻はサラサラかねばっこいか…花粉症と風邪の見分け方を耳鼻咽喉科専門医に聞きました』

2019年3月28日 14:55

鼻はサラサラかねばっこいか…花粉症と風邪の見分け方を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

目次

・花粉症も風邪も、くしゃみ・鼻水・鼻づまりは防御反応
・花粉症と風邪の大きな違いは「鼻水の状態」「目のかゆみ」「高熱」「せき」
・根治が期待できる花粉の治療法
・花粉症と風邪を併発したときは、先に風邪を治す
鼻はサラサラかねばっこいか…花粉症と風邪の見分け方を耳鼻咽喉科専門医に聞きました

くしゃみ、鼻水、鼻づまり……、花粉症と風邪の症状は共通することが多く、毎年、くしゃみが出たらどちらなのかと迷います。見分けがつかないと、市販の薬や対策グッズを選ぶときにはとても困ります。

そこで、耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長に尋ねると「くしゃみ、鼻水、目、発熱などの状態で違いがわかり、見分けがつくでしょう」ということです。その方法について聞いてみました。

【関連記事】新薬登場! 耳鼻咽喉科専門医に聞く、花粉症のケア最前線

花粉症も風邪も、くしゃみ・鼻水・鼻づまりは防御反応

遠山医師はまず、「とくにはじめて花粉症の症状が現れた人は、風邪ではないかと勘違いをされることが多くあります」と言い、それぞれの場合に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが生じる原因について、次のように説明します。

「まず、花粉症と風邪が起こる仕組みを理解しましょう。花粉症によるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙は、花粉が口や鼻、目から体に入らないように押し出すための防御反応です。

一方で、風邪によるくしゃみ、鼻水、鼻づまりも、ウイルスが体に入らないようにするための反応です。どちらも同じ症状なので、混乱するのも無理はありません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.